小池都知事「特別な夏」都外への旅行、帰省控えて 政府との対応の違い浮き彫りに

 東京都の小池百合子知事は6日の臨時記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて「この夏は特別な夏だ」と述べ、都民に都外への旅行や帰省を控えるよう呼びかけた。一方、安倍晋三首相は同日、帰省の自粛は求めず、政府と都の対応の違いが浮き彫りになった。

 安倍首相は広島市内で開いた記者会見で、基本的な感染防止策の徹底を求めた上で「高齢者の感染につながらないように十分注意してほしい」と述べ、帰省の自粛は求めなかった。菅(すが)義偉(よしひで)官房長官も記者会見で、帰省の判断は当事者に委ねるのかとの質問に「基本的にはそうだ」と述べ、感染防止策を徹底することが重要だと語った。

 一方、都外への帰省自粛を呼びかけた小池氏は「離れて暮らす家族とは電話やオンラインで交流してほしい」と要請。政府との対応の違いについて「(観光支援事業の)『Go To(トラベル)』から東京は外され、感染者は増えている」と指摘し、「地方の家族を守る必要があるし、帰省先の医療体制に思いをはせて呼びかけた」と説明した。

 また、最近の感染状況については「高齢者世代への感染拡大傾向がみられ、医療体制の逼迫(ひっぱく)につながりかねない」と指摘。重症化リスクのある高齢者への感染拡大防止に向け、スーパーなどに高齢者優先時間帯設定などの工夫を求めた。

 また同居家族には長時間の会話の際にマスクを着用し、タオル・コップ・歯磨き粉などを別にするなどの対策を呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ