将棋の清麗戦、上田女流四段が2勝2敗のタイに

 将棋の里見香奈清麗(せいれい)(28)=女流名人・女流王位・倉敷藤花=に上田初美女流四段(31)が挑戦する第2期ヒューリック杯清麗戦五番勝負の第4局が6日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、先手の上田女流四段が153手で勝ち、対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。

 終局後、上田女流四段は「辛抱する時間が長く、一歩間違うとすぐに終わってしまう将棋だった。(2連敗から2連勝で)最後(第5局)までたどりつけて良かった」、里見清麗は「ずっと難しく、指しにくいと思っていた。気持ちは切り替えて、次局は力を出し切れるように頑張りたい」と、それぞれ語った。

 最終第5局は18日、同じく将棋会館で行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ