木村王位3連敗「攻められっぱなしで、つまらない展開にした」/将棋

 史上最年少タイトルホルダーで先手の高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が、木村一基王位(47)を149手で破り、3連勝でタイトル奪取にあと1勝とした。第4局に勝てば、2冠獲得となり、規定により八段に昇段する。18歳1カ月での2冠は羽生善治九段(49)の21歳11カ月(王座と棋王)を、八段昇段は加藤一二三・九段(80)の18歳3カ月をそれぞれ上回り、最年少記録を更新する。第4局は19、20日に福岡市の大濠公園能楽堂で指される。

 七番勝負で3連敗。木村王位は対局後、「一方的で待つ展開。攻められっぱなしで、つまらない展開にした」と唇をかみしめた。藤井棋聖の攻勢を受け流す展開に終始。終盤は持ち前の粘り腰をみせたが、逆転までには至らなかった。第4局はカド番に追い詰められて臨むが「後がなくなったが、いつも通り、精いっぱいやりたい」と挽回を誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ