藤井聡太棋聖、羽生超え最年少2冠王手!木村王位に無傷3連勝/将棋

 将棋・第61期王位戦第3局第2日(5日、神戸市・中の坊瑞苑)史上最年少タイトルホルダーで先手の高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が、木村一基王位(47)を149手で破り、3連勝でタイトル奪取にあと1勝とした。第4局に勝てば、2冠獲得となり、規定により八段に昇段する。18歳1カ月での2冠は羽生善治九段(49)の21歳11カ月(王座と棋王)を、八段昇段は加藤一二三・九段(80)の18歳3カ月をそれぞれ上回り、最年少記録を更新する。第4局は19、20日に福岡市の大濠公園能楽堂で指される。

 あわや逆転を許してしまいそうな局面を、作り出してしまった。負けを意識した。対局後の藤井棋聖は、正直だった。

 「寄せにいったところで誤算があって、負けにしてしまったのかもしれないと思っていました」

 名物の「肉うどん」に舌鼓を打った昼食前から、攻め続けた。ABEMA将棋チャンネルの形勢判断も終盤に入り、80%-20%と大きくリード。ところが…。野球の名人、故野村克也さんもよく語っていた。「勝ったと思った時が一番危ない」と。好調な時ほど、落とし穴がある。

 「途中から手の調子が良いのかなと思ったんですけど、受けられてみると大変なことになっていると感じました」

 寄せにかかった終盤。持ち駒の銀2枚を使い、119手目に▲2二銀打で玉の横につけ、さらに121手目の▲2一銀打で王手。ところが直後に木村王位が△2二玉と銀を奪うと、玉の上部に逃げ道が開けた。この展開を「見落としてしまっていた」という。

 持ち時間は2分、相手は15分。だが「誤算」を、すぐ再計算できるのが新棋聖の底力。直後に奪った金で、逃げ道を押さえにかかり、再び攻めに転じる。1分以内に指せば持ち時間は減らない。得意の終盤のタイムマネジメントで、残り時間を止め、冷静に読む。結局、木村王位が先に時間と、活路も失った。

 「普段はのほほんとして笑顔が多く、フワフワしている。アルパカみたいにかわいい。でも将棋では全くの別人。勝負師です」

 同じ杉本昌隆八段(51)の門下生で、「姉弟子」にあたる室田伊緒女流二段(31)は、藤井棋聖をこう評した。小学2年時の聡太少年を知り、研修会などで過去5度対局して2勝3敗。負けては悔し涙にくれる弟弟子を見てきた。当時から「終盤のスピードが違いすぎて、いきなり(自玉に)寄せられて一気に(勝機を)持っていかれる。終盤勝負が飛び抜けていた」。加えて、誤算を乗り越える冷静さと経験を兼ね備えた。これが、若きタイトルホルダーの姿だ。

 「ここまでの内容をしっかり反省して、第4局、いい将棋が指せるようにしたい」

 大正期に活躍した土居市太郎名誉名人が考案した「土居矢倉」で臨んだ第3局は、生みの苦しみを味わった。19、20日の第4局に勝てば、最年少で2冠を獲得。日本将棋連盟が「タイトル2期獲得」とする規定により、最年少で八段に昇段する。「本人は記録を意識していないと言いますが、慌てなくても自然に積み重ねていくでしょう」と師匠の杉本八段。歴史を掘り起こし、新たな伝説を刻む。偉業のかかる博多でも、18歳は動じることなく、ひたすら盤面に向き合うだろう。

 王位戦全棋士と女流棋士2人が参加して予選トーナメントが行われ、勝ち上がった8人とシード棋士4人が挑戦者決定リーグに出場。紅白に分かれて対戦し、紅白リーグの優勝者同士で挑戦者決定戦を行い挑戦者を決める。挑戦者と王位とは七番勝負を行う。1960年度から開催されており、最多優勝は羽生善治九段の18期、最長連覇は大山康晴15世名人の12連覇。持ち時間は予選4時間、タイトル戦は8時間(2日制)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ