藤井聡太棋聖、最年少2冠王手なるか 師匠の杉本八段「土居矢倉」は日頃から研究/将棋

 将棋 第61期王位戦第3局第1日(4日、神戸市・中の坊瑞苑)将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第3局は午後6時過ぎ、後手の木村王位が46手目を紙に書いて封をする「封じ手」をして1日目を終えた。この日、藤井棋聖は昭和初期頃から指される戦型「土居矢倉」を選択。師匠の杉本昌隆八段(51)は「日頃研究していると、この1年以内に聞いた。古いと思われる戦型が実は新しい」と明かした。2連勝中の藤井棋聖は、本局に勝利すれば最年少2冠&八段に王手をかける。

 “最年長vs最年長”のタイトルホルダー同士の番勝負となった第3局。藤井棋聖は“温故知新”の秘策で勝負に出た。

 先手は、先月の棋聖戦第3局でも着用した濃い抹茶色の羽織に濃紺の和服姿の藤井棋聖。午前9時、深々と一礼後にお茶を二口飲んでから角道を開ける7六歩を指した。

 7月16日に最年少で初タイトルを獲得してから初めての番勝負。第1局は角換わり、第2局は相掛かりだった戦型は、シリーズ初の相矢倉へ。

 「藤井棋聖の一番の得意は角換わり。矢倉は新しく自分の中に取り入れようとしている戦型だろう。昨年11月の王将戦で広瀬八段に敗れたときから、得意な戦型を増やしたいと思ったようだ。(棋聖戦での)渡辺棋聖との第1局は、自ら矢倉に誘導したから、経験が生きている」と杉本八段はまな弟子の進化を解説。

 前期も2連敗から巻き返して初王位に就いた木村王位は金矢倉で固め、藤井棋聖はバランス重視の土居矢倉に組んだ。大正時代に最強とうたわれ、名人位にかける坂田三吉の野望を打ち砕いた土居名誉名人が好んで使った構えだ。

 この戦型について杉本八段は「日頃研究している形。実は私もこの1年以内に彼から聞いた覚えがある。そのときに研究していた形を包み隠さず教えてくれた」と明かした。

 令和の天才が、なぜ大正の天才の戦型なのか。師匠は藤井棋聖が取り入れているAIの影響もあると指摘する。

 「局面を検索すると、AIは現在の将棋界では古いといわれている大正、昭和時代の指し手を示すことがある。それを突き詰めていくと、古いと思われている戦型が実は新しかったり、優秀であったりするのが分かってきた」

 進化を続ける藤井棋聖が取り入れ、タイトル戦で陽の目を見た形だ。「柔軟性を持って指し方全体を見直してるのではないか。もう完全に自分のものにしている感じはある。対戦相手からすると脅威だろう」と杉本八段。

 少し前とは“オーラ”も変わってきたと感じるという。「伸び伸び指してる。もしかするとタイトルを獲って気持ち的余裕がそうさせているのかもしれない」

 古きを知って進化する。2冠が見えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ