加藤厚労相「病床逼迫ない」 感染加速すれば再宣言も

 加藤勝信厚生労働相は4日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者数増加に関し「病床数だけを見れば逼迫している状況にはまだ至っていない」と述べ、医療提供体制には余力があるとの認識を示した。感染者の増加速度が現在よりさらに高まれば、緊急事態宣言の再発令がありうるとの見方も明らかにした。

 医療提供体制の現状については「医療現場の負担は上がり、大変な緊張感だ」と言及。新型コロナ感染症への対応と、通常の手術などの診療を両立させたいとした。

 緊急事態宣言の再発令については、一般論として「(都道府県が外出自粛などを要請しても)なお感染者の増加スピードが高まる場合には、再び発出する可能性もある。さまざまな指標で総合的に判断する」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ