犬2匹がコロナ陽性、国内初 ネットも衝撃「ワンちゃんもマスクなの!?」「犬から人への感染は…」

 新型コロナウイルスに感染した飼い主から預かった犬2匹がPCR検査の結果、陽性だったというニュースが3日、報道され、ネットにも衝撃が走った。ペット保険「アニコムホールディングス」が公表したもので、ペットの陽性が確認されたのは国内初となった。ツイッターではこの「国内初」というワードがトレンドに入るなど、ネットに愛犬家らからさまざまな声が集まった。

 同社は新型コロナウイルスに感染した2世帯から7月下旬、それぞれ1匹ずつを預かった。2匹は今月3日まで複数回実施したPCR検査で陽性となった。

 SNSには「衝撃的なニュース」「大変な事態だ」「これ、怖いなぁ~」「マジかよ うちのワンコも気をつけないと」など、驚きの投稿がズラリ。なかには予防策として「これからはワンちゃんもマスクなの!?」と書き込む人もいた。

 同社によると、2匹とも健康状態に異常はなく、1匹は既に陰性へと変わっている。他のペットや従業員も検査したがいずれも陰性で、体調不良もみられない。同社は2匹を隔離し、世話を続けている。

 同社は感染者のペットを無償で預かる事業を4月から行っており、これまでに犬や猫、ウサギの計42匹を預かった。飼い主のウイルスが一時的に口に入り込み、反応している可能性も否定できないとの理由から、感染とまでは確定できない。抗体検査の結果を待つ必要があるという。

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないなかで報道された衝撃的なニュース。ネットでは今後について「集団で生活する野生動物が感染したら爆発的に増えそう」「犬から人への感染はあるのか、犬の健康状態への影響はあるのかが気になる…。犬にも蔓延したらエラいことになるのでは?」という不安もささやかれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ