藤井聡太棋聖、王位戦第3局は有馬温泉で体力“温”存「リラックスしていい集中力で臨む」/将棋

 将棋の最年少タイトルホルダーで高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦七番勝負第3局が4、5日、兵庫県神戸市で指される。3日は対局場となる同市の有馬温泉の老舗旅館「中の坊瑞苑(ずいえん)」で検分が行われた。藤井棋聖は2日制の対局では体力面が課題としているが「温泉は好きなので楽しみにしてました」と笑顔。有馬名物「金泉」に入ってリフレッシュし、大一番に臨む。

 気負いはなかった。王位戦七番勝負で2連勝中の18歳。第3局には「藤井棋聖」として臨むが、「有馬グランドホテル」で行われた会見には、柔らかな笑顔を披露した。

 「棋聖という立場にはなりましたけど、自分としてはこれまでと変わらずに、しっかり集中してよい将棋を指したい」

 会見に先駆け、対局場の「中の坊瑞苑」では検分が行われた。木村王位とともに盤面や駒の感触を確認し、「対局室も非常に落ち着いた雰囲気です」とうなずいた。

 今シリーズは、昨年に最年長で初タイトルを獲得し初防衛を狙う木村王位との“最年長VS最年少”対決が注目を集める。藤井棋聖を後押しするのが、有馬の名湯だ。

 「昔、家族みんなと行ったことがあるんですけど、2歳くらいのときで記憶がなくて…」

 有馬温泉は「金泉」が有名。鉄分が多く、湧出口では透明だが空気に触れると赤くなる。疲労回復、健康増進といった効能がある。透明な「銀泉」も人気。炭酸泉とラジウム泉の混合で高血圧症などに効くとされる。

 藤井棋聖は王位戦第1局で初の2日制対局に臨み、勝ちながらも「体力面が課題」と明かした。それだけに「温泉は好きなので楽しみにしてました。これまで対局後に入ることはなかった。リラックスして2日間、いい集中を持って臨めれば。(効能も)これから研究を深めていければいいですね」と期待を寄せる。

 有馬温泉は日本書紀や風土記などに登場する日本三古湯の一つ。戦国三英傑の一人で藤井棋聖の地元・愛知の英雄、豊臣秀吉も愛した。

 「(秀吉は)愛知県出身で非常に戦略家というイメージがあります」と話したが、報道陣に「実は(三英傑の一人)織田信長が好きですよね」とつっこまれ、思わず苦笑する場面もみせた。

 第3局で勝てば、王位獲得に王手をかける。2冠目となれば「タイトル2期獲得」の規定を満たし、八段へ昇段する。偉業を果たすために有馬の湯で心身を整え、将棋界の“覇王”を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ