歩行者天国、50年の歩み 銀座名物、コロナ禍で次代へ伝える意義 

 道路を規制し車の進入を禁じる「歩行者天国」が東京・銀座などで始まってから、2日で50年。交通事故防止や観光客・買い物客を呼び込む目的で導入され、人々の生活に潤いを与えてきた。新型コロナウイルスの感染拡大でにぎわいが失われる中、歩行者天国の代名詞となった銀座の関係者は「歩道に密集するのを緩和するメリットがある」と、改めてその効果に期待を寄せる。(荒船清太)

 《人間が道路を奪い返す》《半日では物足りぬ》

 昭和45年8月2日の日曜日。銀座、浅草、新宿、池袋の4カ所で行われたホリデー・プロムナード(休日の遊歩道)。翌3日付のサンケイ新聞朝刊は、1面トップでこんな見出しを掲げて、当時の熱気を伝えた。

 歩行者天国は、人と車を分離し安心して買い物や散策を楽しめるようにと、当時の美濃部亮吉・都知事の号令で実現した。当時は、自動車の急増で交通死亡事故が社会問題化。前月に米ニューヨーク5番街で世界初の歩行者天国が行われたことも追い風になった。通りには人があふれかえり、パラソルやイスが並べられた。警視庁の調べでは、午後9時までに4カ所で計78万5千人が訪れたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ