新潟市のキャバクラ、男性客も感染 クラスター発生、客9人に検査実施

 新潟市は1日、女性従業員らの新型コロナウイルス感染が判明したキャバクラを利用した30代男性客の感染を確認したと発表した。市は同日、同店利用客9人のPCR検査も実施し、2日に結果が出る。市保健衛生部の野島晶子部長は「クラスター(感染者集団)が発生したとの認識を持っている」と話している。

 この店は新潟駅前にある「クラブ アルバトロス」(同市中央区)。感染が確認された男性客は先月20日、同店を利用した。その後、発熱などの症状が出たため、帰国者・接触者相談センターに相談してPCR検査を受け、1日に陽性と判明した。同日中に市内の病院に入院する予定。

 同店をめぐっては、先月28日に女性従業員の感染が判明。さらに31日には20代の女性従業員2人、20代の男性スタッフ1人、同店に出入りする20代の業者1人の感染が確認された。

 野島部長は「クラスターが発生したとの認識を持っている。ただ、濃厚接触者を追跡できており、適切に対処していきたい」と話している。

 同市ではこのほか、市内在住の80代女性が抗原検査で陽性になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ