震災後初、10年ぶり海開き 岩手・山田のオランダ島

 「東北唯一の無人島海水浴場」とされる岩手県山田町の大島(通称オランダ島)の海水浴場が1日、東日本大震災後初めて、オープンした。津波で被災した遊歩道などの整備が7月に完了し、10年ぶりの再開。子供たちが歓声を上げた。2日と8~10日にも開設する予定だが、新型コロナウイルスの影響で利用は町民に限定、予約制とした。

 町観光協会によると、この日は50人近くが船で島を訪れた。晴天の中、妻や子供2人と水遊びを楽しんだ町職員、鈴木卓郎さん(34)は「小さいころにも来ていたから懐かしい。きれいな海なので来年はもっと多くの人に訪れてほしい」と話した。

 町などによると、大島は寛永20(1643)年にオランダ船が水や食料を求めて山田湾に入港した歴史からオランダ島と呼ばれるようになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ