在沖縄米軍64人感染、1日あたり最多 「Go To」など影響懸念

 沖縄県は25日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)などで新たに64人の新型コロナウイルス感染が確認されたと明らかにした。1日あたりの発表分では過去最多となる。これで在沖縄米軍の感染者数は229人に拡大した。また、県内でも同日、新たに14人の感染が確認された。観光が主力産業の沖縄では、政府の観光支援事業「Go To トラベル」などへの影響も懸念される。

 県によると、25日正午現在で米軍から報告のあった新たな感染者数は普天間飛行場26人、キャンプ・ハンセン(金武町など)36人、嘉手納基地(嘉手納町など)とキャンプ・フォスター(北谷町など)で各1人。これらは県の感染者数には計上しない。

 一方、米軍関係者とは別に、県内で新たに感染が確認されたのは小学生1人を含む男女14人。重症者はいないという。

 県内では5月1日から7月7日まで感染者ゼロが続いていたが、その後、感染拡大の傾向がみられる。県内の感染者数の累計は186人となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ