藤井棋聖、18歳初黒星 千日手指し直し…丸山九段と13時間半超え激闘も及ばず/将棋

 将棋の最年少タイトルを獲得した藤井聡太棋聖(18)が、豊島将之竜王(30)=名人=への挑戦を目指す第33期竜王戦決勝トーナメントの初戦が24日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、千日手成立による指し直しの末、丸山忠久九段(49)に116手で敗れ、同トーナメントで敗退した。16日のヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局(産経新聞社主催)で初タイトルを獲得した18歳は、新棋聖として初黒星を喫した。

 最後まで食らいついた。午後11時32分。13時間半を超える死闘の末、116手で敗戦。勝者の丸山九段に、藤井棋聖は頭を下げた。

 「早い段階で形勢を損ね、苦しい展開になった。常に押されていたのかなと思います。(決勝トーナメントの)敗退は残念です」

 19日に誕生日を迎えた藤井棋聖にとって、18歳になって初めて臨んだ対局は振り駒で後手。初対局の相手に時間を使いながら、序中盤は互角の戦いを展開した。

 だが、中盤の61手目、午後3時43分に千日手が成立した。30分の休憩後、指し直し局がスタートしたが、残り時間で2時間半以上のビハインド。次第に時間はなくなり、71手目で1分将棋に突入した。「時間の面では不利でしたが、それは割り切ってやりました」。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ