東京の看護師、熊本で感染 豪雨後に実家確認で帰省

 東京都は23日、熊本市で22日に新型コロナウイルス感染が確認されていた20代の女性について、都立墨東病院(墨田区)に勤務する看護師と明らかにした。豪雨に伴う実家の被害状況を確認するために帰省した21日に、倦怠感などの症状が出たという。

 都は女性の帰省について、小池百合子知事が呼び掛けている「不要不急の都外への移動」とまでは言い切れないとした上で、「結果として熊本市や入院先の医療機関に負担をかけているのを重く受け止めている」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ