「#初見殺しのJCT」に反響殺到 関東からは「保土ヶ谷」推し多数

 記事でも取り上げられている京都の大山崎JCTについては共感する声が特に多く、「分岐からの分岐でその分岐までの距離が短くて素早い判断が必要」と、その難しさの理由を説明するものや、迷路かあみだくじのようにも見える複雑な進路案内標識の画像をアップしたものもあった。

 同じく記事中に出てくる兵庫の垂水JCTについて、「なかなかの要塞」と同意しつつ「関東のほうが無理やわ。車線で分かれるとか初見殺しすぎて無理ゲーすぎる。まだ阪神高速のほうが易しく感じる」という指摘も。

 その関東からは、「関東勢的には保土ヶ谷JCTが入ってないのはわからん」「保土ヶ谷バイパスからの首都高入るのが難易度高い」「横横の狩場IC~新保土ヶ谷IC付近。群馬から横須賀方面に走らせてた人達が気付いたら東京方面に向かってたり、群馬帰ろうとしたら東名乗って海老名行きそうになったり」など、神奈川の保土ヶ谷JCTの名を挙げるユーザーも少なくなかった。

 記事でも番外的に取り上げられている埼玉の美女木JCTで「はじめて信号機見たときの、え?信号機?え?赤だよ、どうしよう!と、とまるんだよね!?止まっていいんだよね!??高速に信号機???????????なんでって頭の中が大パニックになったの一生忘れん」と「?」の多さで、その時の混乱ぶりを再現した人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ