松井市長「自覚持って参加を」GoTo開始 

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」が22日、東京都を除く地域で始まったことを受け、大阪市の松井一郎市長は「ウィズコロナの中で、経済を回すのは非常に重要で必要なことだ」と歓迎しつつも「一人一人が感染を拡大させないという自覚を持って参加してほしい」と呼びかけた。市役所で記者団に答えた。

 一方「Go To」の東京除外については「どういう基準になったらできるのかあいまいだ」と指摘。感染防止対策の徹底を前提に「東京も排除せずにやればよいと思う。(利用者や宿泊事業者に)感染防止に協力し、ルールを守ってもらいながら、社会を動かすことが重要だ」と述べた。

 また、旅行する市民らを対象に検討している新型コロナウイルスの抗体検査に関しては「陰性確認に適さないという専門家もおり、意見が割れている」と説明。検査の有用性を含め「もうちょっと慎重に考えなければならない」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ