感染リスク、授業確保優先…修学旅行中止相次ぐ Go To迷走

 新型コロナウイルス感染への警戒が続く中、修学旅行をめぐり学校現場が対応に苦慮している。秋のシーズンに向けて実施可否の判断を迫られているが、遠距離移動に伴う感染リスクや休校で不足した授業時間の確保を理由に中止の決断も相次ぐ。文部科学省は政府の観光支援事業「Go To トラベル」の活用による決行を促すものの、22日の開始を前にした制度の方針転換で事態は迷走。学校関係者からは「保護者に説明できない」との声が上がる。

 今月2日、新潟県長岡市立宮内小の児童84人が修学旅行で福島県会津若松市を訪れた。

 行程では「3密」回避を徹底。換気機能の高い最新型の観光バスを例年より1台多い3台借り、移動中の子供同士の距離を確保した。宿泊先も食事や入浴を他の客と接触せずに済むように選んだ。三沢淳伸(あつのぶ)校長は「初めての経験で全てが手探りだったが、学校で独自に対応を考え、無事に終えられた」と安堵(あんど)する。

 22日には「Go To」が東京発着の旅行や都民を除外して始まる。修学旅行は学習指導要領で特別活動に位置づけられた教育課程の一環だが、この制度の対象となる。文科省は6月、全国の教育委員会に制度を活用し、保護者負担を軽減するように通知した。

 全国修学旅行研究協会によると、修学旅行の平均的な費用は2泊3日の日程で中学生1人当たり6万円程度、高校では10万円ほど。感染対策でバスの台数や宿泊部屋を増やすことで生じる追加負担を「Go To」で軽減できる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ