両陛下が熊本県知事にお見舞い

 天皇、皇后両陛下は20日、豪雨災害により多数の死者が出るなど甚大な被害を受けた熊本県の蒲島郁夫知事に対し、小田野展丈(のぶたけ)侍従長を通じ、犠牲者を悼むとともに、被災者への見舞いと災害対策従事者へのねぎらいの気持ちを伝えられた。宮内庁が同日発表した。両陛下は豪雨災害で西日本を中心に全国で多くの人が被災していることに心を痛め、一日も早い復旧を願われているという。また、新型コロナウイルス対策のため災害対応が難しさを増す中、日夜努力している関係者に対してねぎらいの気持ちをお持ちという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ