ギャル系ブランド「セシルマクビー」店舗閉鎖へ 「青春」と懐かしむ声多数 方向性の変化に違和感も

 また、「ギャルはみんな黒に白文字で『CECIL McBEE』って書いた大きい鏡持ってたよね」「ショ袋とか集めてたな~」「ショッパーサブバにしてイキってたあの頃が懐かしい」とブームの当時流行したロゴ入りの手鏡や、ショッピング袋にまつわる思い出を振り返る人も。

 逆に、「私には派手すぎて(半ば憧れ、イケてるギャルが着るブランドだった)着たことないけれど」「セシルマクビーを着たことがない人生だったな…中高生くらいでセシルマクビーを着るか着ないかで系統分かれるなってとこあったよね」など、愛用者以外からの投稿も見受けられた。

 一方、このニュースをきっかけに同ブランドの公式インスタグラムを見たユーザーからは、「なんか私が知ってるセシルマクビーじゃなかった」「アースミュージックアンドエコロジーみたいになってた」と、以前とは方向性が変わったとの指摘があったほか、店舗閉鎖に至った背景について、「最近はいわゆる『ギャル』がおらんよな…みんなお金ないからシンプルかつプチプラが流行る世の中なんやろう」「100均のセリアとコラボして化粧品出したりして迷走してる感があったけど、そんなにヤバかったのか」などの推察も散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ