「カルピス」の夏季限定パッケージが「青春!」「エモい」と話題 飲み終えると…仕掛けもおもしろい!

 アサヒ飲料の「カルピスウォーター」と「カルピスソーダ」の夏季限定デザインパッケージがかわいいなどとネットで話題になっている。

 同社は高校生を応援する「放課後『カルピス』」プロジェクトの一環として、14日から、同プロジェクトと連動した「カルピスウォーター」と「カルピスソーダ」のペットボトル夏季限定デザインパッケージを全国で発売。

 パッケージデザインは、「カルピスウォーター」をイラストレーターのかとうれいさん、「カルピスソーダ」を田中寛崇さんが担当し、「きみの放課後が動き出す。」をテーマに高校生の放課後のシーンを描いた。それぞれ3種のデザインで展開され、「カルピスウォーター」では「夏」「海」「空」を、「カルピスソーダ」では「部活」「帰り道」「教室」を描き、さわやかな放課後を感じさせるデザインとなっている。

 また「カルピスウォーター」のボトルでは、飲み終わると正面と裏面のイラストが重なり、新しいイラストが完成する仕掛けが施されており、SNSやネット掲示板で「おもしろい」などと注目を集めている。

 ツイッターには「気になるから探そう、カルピスウォーターの限定。青春!って感じでいいな」「カルピスの限定イラスト考えたやつ天才」「カルピスのパッケージとてもエモい」「限定イラストのカルピス、欲しい~!!」などの声。青春の1ページを切り取った繊細なイラストと、飲み終えたところでイラストが完成するというユニークな仕掛けが消費者の心に刺さったようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ