モスバーガーで分身ロボの接客実験導入へ 「押し付けじゃないのがいい」と期待の声

 ファストフードのモスバーガーを展開するモスフードサービスが先ごろ導入を発表した、分身ロボットを活用した店舗での実験が、ネットで話題になっている。

 「ゆっくりレジ」と名付けられたこの実験は、分身ロボットを開発・提供するオリィ研究所と協力し、全長約23センチの分身ロボット「Orihime」(オリヒメ)を店舗カウンターの受注担当スタッフの代わりに配置。子育てや介護、身体障がいなどの社会的ハンディキャップにより外出困難な人が、遠隔地からロボットを介して客と会話し注文を受け付けるというもの。決済は有人レジで行う。東京のモスバーガー大崎店で27日から開始、8月下旬までの約1カ月間の平日午後2~6時の時間限定で行われる。

 この実験の狙いについて、同社は「キャスト(店舗スタッフ)がその場にいなくても、ご注文時の応対を介した、人と人のあたたかいコミュニケーションの実現」を目指し、ロボットが「外出困難な人の分身として、遠隔地であってもあたたかみのあるコミュニケーションを可能」とする、と説明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ