泉佐野市ふるさと納税復帰 コロナ禍で赤字のりんくうセンター支援へ

 最高裁判決で国に逆転勝訴し、ふるさと納税への復帰が認められた大阪府泉佐野市は17日、新型コロナウイルスへの対応で約10億円の赤字を抱える市内の中核病院、りんくう総合医療センターを支援するためのふるさと納税の受け付けを始めた。

 「10億円赤字支援プロジェクト」と銘打ち、インターネット上での資金調達法「クラウドファンディング」で寄付を集め、ふるさと納税の対象にする。市の特設サイト「さのちょく」(https://furusato-izumisano.jp/)で受け付け、返礼品はない。

 同市によると、同センターは新型コロナ患者の受け入れにより、救急医療の一部休止や手術の延期、外来患者の減少などで経営が急速に悪化している。今年4~6月で約7億円の赤字を抱え、今後10億円以上にふくらむおそれがあるといい、同市は「第2波が懸念される新型コロナ対応の最前線といっても過言ではないセンターへの支援は欠かせない」と説明している。

 同センターは関西国際空港の対岸に位置し、西日本で唯一の特定感染症指定医療機関。運営費にあてられている国から同市への特別交付税が「ふるさと納税で多額の収入がある」として減額され、同市は国を相手に減額取り消しを求めて大阪地裁に提訴している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ