【ヒューリック杯棋聖戦】「AI超えの棋士」藤井七段、史上初3年連続勝率8割超

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が16日、渡辺明棋聖(きせい)(36)=棋王・王将=に挑戦していたタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第4局で勝利し、史上最年少でのタイトル獲得という新たな金字塔を打ち立てた。最年少プロ入り、史上最多の29連勝、記録全4部門独占の最年少「四冠王」、最年少タイトル挑戦…。数々の記録を塗り替えてきた若武者の異次元の強さを示す証しが、史上初の3年連続勝率8割超だ。

 将棋界では、年度勝率が8割以上の棋士は数年に1度、出るかどうかという記録。日本将棋連盟に残る記録によると、過去に2年連続で8割以上の勝率を挙げた棋士は羽生善治九段(49)と、最高勝率(8割5分5厘)の記録を持つ中原誠十六世名人(72)の2人だけ。羽生九段は8割以上を通算3回記録しており、藤井新棋聖はこの記録にも並んでいる。今年度も、この日の勝利を含めて16勝2敗で、勝率は8割8分9厘と驚異的だ。

 その強さを支えているのが、AI(人工知能)さえ候補手に挙げない“AI超え”の指し手だ。

 第2局で藤井新棋聖は、守備駒である金をあえて前線に繰り出してペースを握り、逆に攻撃に使う銀を受けに使った。AIでは候補にも挙がらなかった手だったが、その後、AIの評価は「最善手」に変わった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ