【ヒューリック杯棋聖戦】午前のおやつ 神戸のアンテノールとモロゾフの洋菓子

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に挑む産経新聞社主催のタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第4局が16日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われている。

 先手の渡辺棋聖が角道を開け、後手の藤井七段は飛車先の歩を突いた。戦型は、第1局、第2局と同様に「相矢倉」。渡辺棋聖の得意戦型で、第2局と似た進行になっている。

 午前10時、対局室に飲み物が運ばれた。藤井七段はオレンジジュースで、渡辺棋聖の注文はなかった。

 控室には、おやつが運ばれている。神戸の有名店の「アンテノール」の「レモンのクリームサンド」と「モロゾフ」の「ファヤージュ」だ。

 「レモンのクリームサンド」は軽い食感のレモンのダックワーズ生地で甘酸っぱいレモンクリームをサンド。「ファヤージュ」は、木の葉型のクッキーにチョコレートをサンドしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ