都内の感染警戒最高レベルに 小池氏「Go To」再考求める

 東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者数急増を踏まえ、感染状況に関する4段階評価の警戒度を最も高いレベルの「感染が拡大していると思われる」に引き上げた。小池百合子知事は臨時記者会見を開き、「東京都は『感染拡大警報』を発すべき状況だ」と危機感を表明。改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、都民と事業者に対して感染拡大の防止に向けた協力を要請した。

 小池氏は都民に対して、感染防止対策のガイドラインを順守していない飲食店などの利用を避け、都外への不要不急の外出を控えるよう訴えた。政府の観光支援事業「Go To トラベル」に関しては「実施時期や方法を改めてよく考えてほしい」と注文し、その理由として無症状の感染者の移動に伴う感染拡大の恐れや、地方の医療体制が十分でない可能性を挙げた。

 また、特措法に実効性を持たせるため、政府に対して特措法に基づく休業要請に応じない事業者への罰則の適用など法改正を強く求めていくとした。

 都内の新規感染者数は15日、165人報告された。今月に入ってからほぼ連日、3桁となっており、9日から12日までは4日連続で200人を超えた。14日発表分の7日間平均では173・7人に達し、緊急事態宣言下の最大値の167・0人(4月14日)を上回っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ