大阪府で61人感染 緊急事態宣言解除後では最多

 大阪府は15日、府内で新たに61人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。5月21日の緊急事態宣言解除後では最多。このうち感染経路不明は40人。府内の累計感染者数は2126人となった。

 府によると、40代以上が約3割の20人で、年齢が高い世代への感染拡大がみられるという。自粛要請の基準「大阪モデル」は、12日から4日連続で警戒を呼びかける黄信号が点灯した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ