「Go To」するなら「抗体検査検討」松井市長

 新型コロナウイルスを受けた政府の国内旅行支援キャンペーン「Go To トラベル」が22日から始まることを受け、大阪市の松井一郎市長は14日、感染拡大を抑えるために、キャンペーンを利用する人や事業者を対象に、無料で抗体検査を行う仕組みを検討する考えを示した。

 松井氏は市役所で記者団に「キャンペーンは、感染拡大をさせない対策を講じた上でやるべきだ」と指摘。抗体検査で「感染していない」と判定を受けた人が、キャンペーンを利用し、府県間の移動を行う仕組みであれば、「感染防止につながり、安心して旅行ができるし、(ホテルなど)受け入れ側の安心にもつながる」と主張した。

 一方、大阪府の吉村洋文知事は14日、「Go To トラベル」について、感染拡大防止の点から全国規模での実施に疑問を呈した。「最初はいきなり全国に広げるのではなく、関東だったら関東圏だけとか範囲を決めてスタートし、徐々に広げるのがあるべき姿ではないか」と述べた。安倍晋三首相との面会後、首相官邸で記者団に答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ