藤井七段、2日目の勝負飯は「ビーフステーキカレーセットランチ」 王位戦第2局

 将棋の史上最年少タイトル獲得を目指す高校生棋士、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負の第2局は14日、札幌市内のホテルエミシア札幌で第2日が指されている。

 2日目の昼食には木村王位が「ビーフシチューセットランチ」、藤井七段はボリュームたっぷりの「ビーフステーキカレーセットランチ」を注文した。どちらもセットのサラダには北海道産の野菜が使用され、藤井七段が頼んだカレーの米は、長沼町産の「ななつぼし」、ステーキは「十勝ハーブ牛」のロースと地元名産品が使われた。

 午前10時のおやつは木村王位がアイスコーヒー。藤井七段は「ミニクリームどら焼き」とアイスコーヒーを注文したが、こちらのどら焼き(抹茶生クリームといちご生クリームの2種)に挟まれた生クリームといちごも北海道産だ。

 ホテルエミシア札幌によると、早くも午前中から「このどら焼きは普段から食べられるか」といった問い合わせの電話が相次いでいるという。今回は昼食、おやつとも同ホテルが提供した王位戦の特別メニューでいずれも金額は非公表。だが、ホテル側では「反響が大きいので、今後、期間限定でご提供できるか検討したい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ