藤井七段の初の「封じ手」用紙はチャリティーオークションへ

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負の第2局は14日、札幌市のホテルエミシア札幌で第2日を迎え、午前9時2分から対局が再開された。

 王位戦七番勝負は持ち時間各8時間で2日制。前日13日は午後6時、後手の藤井七段が、最後の手となった40手目を用紙に書いて密封する「封じ手」を、キャリアで初めて行った。封じ手は通常は立会人と対局会場が保管するため2通書かれるが、藤井七段は今回、異例の3通目も記入した。

 この日、この3通目の封じ手用紙は、日本将棋連盟がチャリティーのために希望者に販売する計画であることが分かった。12日に札幌入りした木村王位が提案し、藤井七段も賛同したもので、収益金の贈り先には九州を中心とした豪雨被災地などが想定されているという。販売はオークション形式になるとみられ、詳細は近く同連盟のホームページで発表される。

 この日開封された藤井七段の封じ手は「△8六歩」。再開された対局は、夕方から夜に勝敗が決する見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ