藤井七段、初の封じ手で署名忘れちゃった 木村王位に教えられ…17歳の“初々しさ”/将棋

 将棋 第61期王位戦第2局第1日(13日、札幌市・ホテルエミシア札幌)将棋の最年少タイトル獲得を目指す高校生棋士、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑む第2局は、午後6時過ぎ、次の手を紙に書いて封筒に入れる「封じ手」を後手の藤井七段が行って、1日目を終えた。藤井七段は封じ手初体験。八大タイトルの1つである王位戦は持ち時間各8時間の2日制で、14日午後、終局する。

 刻一刻と迫る午後6時の封じ手時刻を前に、木村王位が39手目、▲3六銀を指した。藤井七段はタオルで汗をぬぐいながら盤面を見つめ、33分の長考。午後6時1分、40手目を封じ手にした。

 別室に移って図面に次の手を記入。封筒に入れて封がされ、対局室で木村王位に渡された。通常2通のところ、この日は3通作成。藤井七段は初めての封じ手だからか署名を忘れ、木村王位から教えられる場面も。日本将棋連盟の王位戦中継ブログで、深浦康市九段らは藤井七段の封じ手を△8六歩と予想した。

 藤井七段にとって、9日の第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)第3局から4日後の2日制対局。息つく暇なく16日には棋聖戦第4局、18日には将棋日本シリーズ1回戦。試練の過密スケジュールが続く。

 今月1、2日の第1局では、先手の藤井七段が先勝。第2局は木村王位の先手で、飛車先の歩を動かした。薄い灰色の羽織に紺の着物、濃い灰色のはかま姿の藤井七段は、いつも通りマスクを外してお茶を一口。飛車の前にある歩を動かし、「相掛かり」となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ