豪雨応援の保健師が感染 香川から熊本へ、健康管理担当

 香川県と高松市は13日、同市職員の30代の男性=同市=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は保健師で、県を通じて豪雨被害を受けた熊本県に派遣されていた。同県内の感染確認は30人目。

 県と市によると、男性は8日に熊本県内に入り、人吉保健所管内で被災者の健康管理を担当。活動中はマスクを着用していた。

 男性は12日に香川県に戻り、被災地で多数の人と接触したことから、医師の判断でPCR検査を実施。13日に感染が判明し、感染症指定医療機関に入院した。症状はないという。

 濃厚接触者は、同時期に派遣された県職員ら5人。うち2人はPCR検査で陰性が確認された。残り3人は熊本県内での活動を13日で取りやめたといい、帰県後に検査を実施する。

 県庁で記者会見した浜田恵造知事は「今後は派遣前にPCR検査をする方向で検討する」と話し、大西秀人市長は「派遣職員に陽性反応が出た。被災者に大きな心配をかけ、非常に心苦しく思う」と述べた。

 熊本県の蒲島郁夫知事は、被災地を訪れる自治体職員や報道関係者に対し「基本的な感染防止対策を徹底してほしい」と要請した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ