藤井七段が初の封じ手 将棋王位戦第2局1日目

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦七番勝負第2局は13日、札幌市で行われ、後手の藤井七段が40手目を封じて1日目を終えた。第1局を制した高校生プロにとって、封じ手は初めての経験。棋聖戦とのダブルタイトル挑戦で、最年少奪取を狙う。

 藤井七段は棋聖戦5番勝負では第3局を終え、2勝1敗と奪取に王手をかけている。最も若いタイトル獲得は平成2年、屋敷伸之九段(48)が作った18歳6カ月。並行して行われる王位戦かヒューリック杯棋聖戦のいずれかで勝てば、この記録を上回る。

 木村王位は昨年、最年長で初タイトルを奪取して話題を呼んだ。今シリーズは“最年長対最年少”の注目対決となった。

 王位戦七番勝負は2日制で持ち時間各8時間。2日目は14日午前9時に始まり、同日夜には終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ