藤井七段の大一番に地元瀬戸市がPV実施を決定

 愛知県瀬戸市と瀬戸将棋文化振興協会は7日、同市出身の将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が、史上最年少タイトル獲得をかけて9日に臨む第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第3局(産経新聞社主催)において、市内で対局中継のパブリック・ビューイング(PV)を行うことを発表した。

 会場は、市内の観光施設「瀬戸蔵」2階の「つばきホール」と同4階の「多目的ホール」の2カ所で入場無料。定員は計140人を予定している。

 同市では新型コロナウイルス危機が続く中で開催の可否を慎重に検討してきたが、「地元でも大一番を市民が応援できる場を」と市関係者。当日は参加者に間隔を置いて着席してもらうほか、マスク着用や消毒、検温などの対策も徹底する。

 渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=と対局する藤井七段は、ここまで2勝(0敗)で、17歳11カ月での最年少タイトル獲得へ王手をかけている。同市内では「せと銀座通り商店街」などでも、市民らが“大盤実況”やPVを行う予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ