両陛下、豪雨被災地に「見舞いのお気持ち」 宮内庁

 宮内庁は6日、熊本県など九州南部の豪雨で被害が拡大していることに対する天皇、皇后両陛下の見舞いのお気持ちを発表した。犠牲者、安否不明者、避難者が多数出ていることに心を痛め、「心から哀悼されるとともに、ご遺族と被災された方々に見舞いの気持ちをお持ち」という。

 両陛下は報道などを通じて被災地の情報に接しており、安否不明者の早期発見を願われているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ