立民・枝野代表の「#宇都宮」ツイートで餃子が風評被害に?

 任期満了に伴う東京都知事選は5日投開票が行われ、現職の小池百合子知事が再選を果たした。同じく都知事選に立候補していた元日弁連会長・宇都宮健児氏を支援していた立憲民主党の枝野幸雄代表が、同日、ツイッターにアップした投稿が、ネットで話題を呼んでいる。

 枝野氏は5日、自身のツイッターで、栃木県・宇都宮駅周辺のおすすめ餃子店を紹介したネット記事に関する投稿をリツイートする形で、

「#宇都宮 #みんみん で育った私は、18才で #宇都宮 を離れてから仙台でも東京でも餃子専門店を探したが見つからず

ラーメンや炒飯、野菜炒めがメニューにあるのは中国料理店

ビールもライスもないのが餃子の店

今もそう思うので全国チェーン『餃子の〇将』の名前には違和感 味は好きだけど」

と書き込んだ。

 これにネット民が反応。もっとも多かったのが、投票日当日に「宇都宮餃子」に絡めて候補者の名字をハッシュタグにして投稿したことは選挙活動にあたり、公職選挙法に抵触するのではないか、という指摘だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ