エコバッグ代わりの風呂敷に「伝統文化が役に立つ時が…」「結び目が緩む」

 また、「祖母が持っていた風呂敷が素敵で、それを貰ってエコバッグ代わりに使ってたことがあるんですが、うまく結べてなくて歩いてて荷物落としたことが何度か」「ポリエステルの風呂敷は持ち歩いている間にどんどん結び目が緩んできます。和雑貨屋さんのサイトに書いてある正しい結び方でもほどけるので、気をつけて」と使い慣れないと分からない実用上の注意点を訴える投稿や、「お弁当買う人、注意。エコバッグ持っててもお弁当の幅に合わないと縦になる」から風呂敷が便利、との提案も見受けられた。

 珍しいところでは、「外出先で災害に遭ったら防寒対策で首に巻いたりマスクや三角巾にしたり。あと超撥水風呂敷というやつはなんと水も運べる」と防災アドバイザーの話を引用したものもあった。

 業者や先行ユーザーの投稿を見ていると、なじみが薄いと思っていた「風呂敷」のイメージがずいぶんと身近に感じられ、自分も試しに使ってみようかという気になってくる。この夏は、街で風呂敷を使う人がじわじわ増えるかもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ