感染者、近畿もじわり増加 直近2週間で82人

 東京都内で2日に確認された新型コロナウイルス感染者が2カ月ぶりに100人を超えた中、近畿で急激な感染拡大は起きていないが、大阪では同日、8人の感染が判明。緊急事態宣言が全面解除されて1カ月余りが経過し、各地で感染者が増加傾向に転じ始め、警戒感が広がっている。

 ■「明日はわが身」

 「鎖国はできず、どの自治体でいつ第2波が起こるか分からない。『明日はわが身』と緊張感をもって備えなければいけない」

 大阪府の担当者は2日、東京の感染状況を念頭にこう述べた。

 大阪では今月1日に新規感染者数が10人に上り、5月13日以来、49日ぶりに2桁になった。2日は8人に微減したが、予断は許さない。

 府内の直近7日間の新規感染者39人のうち、感染経路不明者は25人。1日あたりの平均は3・57人。「大阪モデル」が示す自粛要請の基準の1つ「経路不明者数5人以上」(7日間平均)に近づきつつある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ