「紫色のじゅうたん」大阪の公園でラベンダー見頃

 ラベンダーの花が大阪府和泉市の和泉リサイクル環境公園で見頃を迎えた。鮮やかな紫色のじゅうたんが広がり、さわやかな香りが訪れた人たちを楽しませている。

 同園では、約2千平方メートルの畑に夏咲きの品種「ボゴング」を1千株以上栽培している。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令期間中は閉園していたが、現在は、従業員のマスク着用や手指消毒などの感染症対策を取り、来園者に対応している。

 同府河内長野市から家族で訪れたという中村均さん(59)は「花の香りが爽やか。ミツバチとチョウが飛ぶ姿が紫色とマッチしていてよかったです」と話していた。同園のグループリーダー大野雅世さんは「来週には花の状態を見ながら摘み取りが始まるので、なるべく早めに見に来てもらえれば」と話していた。

 入場無料。開園時間は午前8時~午後5時。月曜休園。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ