藤井七段、地元の王位戦先勝/将棋

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負の第1局は2日、愛知県豊橋市で指され、95手で先手の藤井七段が先勝した。

 第1日目に続き、藤井七段はこの日も和服姿で対局場に登場。白い着物にライトグレーの羽織を合わせ、グレーの袴を身につけて堂々と対局。30歳年上の木村王位を終始圧倒した。

 藤井七段はタイトル獲得に王手を掛けているヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)に続くタイトル戦で、最年少獲得記録(屋敷伸之九段の18歳6カ月)の更新を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ