藤井七段、勝負メシは地元名物きしめん/将棋

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負の第1局が2日、愛知県豊橋市で再開された。藤井七段は棋聖戦に続くタイトル挑戦となり、両棋戦で最年少獲得を目指す。王位戦の対局は2日制で持ち時間各8時間。7番勝負で、4勝を挙げた棋士に「王位」の称号が与えられる。

 両雄は2日午後0時30分から1時間、昼食休憩を取った。藤井七段は「冷やしきしめん御膳」を注文。地元・愛知の名物きしめんを堪能した。一方の木村王位は「新城(旧鳳来町)源氏和牛カレーセット」。ごはんを少なめにしエネルギーを蓄えた。また午前のおやつは、藤井七段が「八丁みそまんじゅう」に「アイスコーヒー」と「冷たい緑茶」。木村王位が「ジンジャーエール」。おやつと昼食は会場の「ホテルアークリッシュ豊橋」が提供した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ