ヒューリック杯棋聖戦 注目の第2局始まる 藤井七段は初の和服姿

 将棋の渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に高校生棋士、藤井聡太七段(17)が挑戦するタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第2局が28日午前9時、東京・千駄ケ谷の将棋会館で始まった。

 8日の第1局を制し、タイトル戦初勝利を挙げた藤井七段が第2局も勝利すれば、最年少タイトルホルダーに大きく前進する。一方、3冠を保持し、現役最強といわれる渡辺棋聖は初防衛に向け、絶対に負けられない。

 第1局はスーツで対局に臨んだ藤井七段はこの日、師匠の杉本昌隆八段(51)から贈られた和服を着て対局室に入室。初の和服姿でのタイトル戦で、その所作も注目される。

 第2局は渡辺棋聖が先手。立会人で、最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を持つ屋敷伸之九段(48)の合図で対局は始まった。

 渡辺棋聖の初手は角道を開ける7六歩、藤井七段は2手目で飛車先の歩を突く8四歩とし、戦型は第1局と同じ矢倉模様となった。

 持ち時間は各4時間。正午から1時間の昼食休憩を挟み、夜には終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ