藤井七段、初タイトルに王手なるか 28日に第2局 ヒューリック杯棋聖戦

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に挑戦しているタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第2局が28日午前9時から、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指される。先勝した藤井七段が史上最年少のタイトル獲得に王手をかけるか、初防衛を目指す渡辺棋聖が1勝1敗のタイに戻すか、注目の一局だ。

 8日に行われた第1局は史上最年少のタイトル挑戦者、藤井七段が渡辺棋聖の16連続王手をかわして、157手の激闘を制し、タイトル戦初勝利を挙げた。

 28日の第2局は渡辺棋聖の先手。渡辺棋聖は第2局を落とすと、一気にカド番に追い込まれる。藤井七段が連勝すれば、屋敷伸之九段(48)が持つ18歳6カ月の最年少タイトル獲得記録の更新に大きく前進する。

 持ち時間各4時間の1日指し切り制。立会人は屋敷九段。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ