芝野虎丸二冠、史上最年少3冠「藤井さんに負けていられない」/囲碁

 囲碁のタイトル戦、第58期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局が26日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、挑戦者の芝野虎丸二冠(20)が141手で村川大介十段(29)に黒番中押し勝ちし、3勝1敗で十段を奪取、史上最年少の20歳7カ月、プロ入りから最速の5年9カ月で3冠に輝いた。将棋では高校生プロ、藤井聡太七段(17)が第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(同主催)で最年少戴冠を目指しているが、一足早く快挙を達成した。

 緊張感が漂う対局場で村川十段が「負けました」と頭を下げた。午後4時57分、弱冠20歳の新3冠、芝野新十段が誕生した。

 「3冠になれるとは信じられない。内容が良いわけではなかったが、結果を残せたことは自信になります」

 最年少・最速尽くしの快挙達成。20歳7カ月での十段位の奪取は、第53期(2015年)の伊田篤史八段(26)が記録した21歳1カ月を6カ月上回り歴代最年少だ。

 3冠では囲碁界の第一人者、井山裕太三冠(31)の23歳1カ月の史上最年少記録を更新。プロ入りから要した年月は5年9カ月で、井山三冠の10年3カ月を塗り替えた。3冠保持者は過去9人いるが、七大タイトル戦で敗退せず3棋戦目で達成したのは初めてだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ