「俺コロナ」と会社内で嘯いて左遷されたある40代男性の告白

 飲食店など人が集まる場所で自分が新型コロナウイルス感染者であるかのように名乗り、逮捕されたり厳重注意を受ける事件が全国で起きている。彼らはなぜ、感染者でもないのに、そう思われるような発言をするのか。ライターの森鷹久氏が「俺コロナ」発言をした埼玉県の40代男性に真意を聞いた。

 * * *

 「冗談じゃないですよ……お客さんが不快に思い通報したのか警察から電話まで来る始末。地元ネタを扱うネット掲示板にも、うちの店からコロナが出たと嘘ばっかり書かれて…。常連でしたけど、正直、二度ときて欲しくはないですね」

 怒気をはらませつつ筆者の取材に答えたのは、千葉県内で居酒屋を営むMさん。日本全国で「新型コロナウイルスに感染した」と嘘を振りまき、逮捕されるという事例が相次いでいる。実際に感染していた男性が飲食店で「自称」し、その後死亡するという事件も起きただけに、まったく笑えないどころか、風評被害などの実害が出る恐れも高い。

 「俺コロナ」で逮捕されたのは、なぜかそのほとんどが中高年男性。緊急事態宣言明けの6月上旬、Mさんの店で「俺コロナ」を炸裂させたのもやはり50代の会社員男性だったという。

 「酔っ払って、事あるごとにコロナコロナと言って盛り上がっていました。この人、世間で話題になっている話をするとウケると思っているフシがあり、覚えた流行りのギャグを連呼して周囲を引かせる、みたいなことはよくあったんです。だからコロナもウケると思ったんでしょう……。店はカウンター式で、隣に女性客が来ると、俺がコロナだったらこの店は全滅だ、などと言って咳をしてみせる。最初は笑っていたのですが、あまりにしつこくて、止めるように言っても聞かない。他の客から注意されても、冗談に本気になってと罵詈雑言で返しケンカにもなり、噂が近隣に広まったんです」(森田さん)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ