ミラノ風ドリア「1円値上げ」でも愛されるサイゼリヤ 一部は値下げ「増税時は価格据え置いた」の声も

 ファミリーレストランを展開するサイゼリヤは23日、約140品全てのメニュー価格を7月1日から変更すると発表した。新型コロナウイルス対策で会計時の接触時間を減らすのが狙い。価格の端数を50円または100円単位に改定し、定番商品のミラノ風ドリアは299円から300円(ともに税込み)になる。インターネットでは「1円値上げ」に理解を示す人が多いようだ。

 同社はメニューの約9割を値上げする。最大で21円上がる商品もあるが、大半が1円の値上げにとどまる。同社の堀埜一成社長は同日、記者会見で「細かい硬貨でのやりとりを減らすとともに、キャッシュレス決済の導入で、コインの受け渡しを8割削減したい」と話した。

 ツイッターなどでは「サイゼ値上げと聞いて安いからしょうがないと思ったら、まさかの端数分の1円」「値上げ1円ってところが可愛い」「ミラノ風ドリアとうとう400円か450円くらいになるのかと思ったら1円値上がりしただけだった」などの投稿が並んだ。

 一般的に、値上げは消費者にとってネガティブな話題だが、1円値上げは多くの人の許容範囲内に収まったようだ。「感染予防なら」と納得するコメントや、「お財布事情的に00にしてくれた方がありがたい」などと歓迎するコメントまで見られた。また、ライスを169円から150円に改定するなど、約1割の商品を値下げすることに驚く書き込みも多かった。

 値上げしてほしくなかったという意見が見られたが、「消費税増税のとき、高くならなかった」などとフォローする声もあがった。同社は昨年10月の消費増税と軽減税率導入を受け、店内飲食の価格を値下げして、店内飲食と持ち帰りの価格を統一した経緯がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ