藤井七段、2つ目タイトル挑戦決めた 王位戦・挑戦者決定戦で永瀬二冠を撃破/将棋

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第61期王位戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠(27)=叡王・王座=を127手で破り、8日に開幕した第91期ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)五番勝負に続く、2つ目のタイトル挑戦を決めた。木村一基王位(47)に挑む七番勝負は、7月1日に地元の愛知県で開幕。「格別の喜び」と笑みをこぼした。

 破竹の勢いは止まらない。藤井七段が棋聖戦に続き、王位戦でもタイトル挑戦を決めた。

 偉業を果たした終局後の会見では、ちょうど30歳差となる木村王位との戦いに向け「年は離れていますが、盤上では全力でぶつかっていきたい」と力強く口にした。

 永瀬二冠とは因縁の再戦だった。藤井七段は公式戦初対局となった4日の棋聖戦挑戦者決定戦で勝利。この日も雪辱を期した相手と互角の展開が続いたが、終始落ち着きを失わず、終盤は正確な差し回しで永瀬二冠を投了に追い込んだ。永瀬二冠は「力負けという印象。追いつけるように頑張りたい」と藤井七段をたたえた。

 初手合いとなる木村王位は昨年9月、7回目のタイトル挑戦の末、最年長の46歳3カ月で初タイトルを獲得した“中年の星”。一方の藤井七段は、8日に勝利した棋聖戦五番勝負第1局で、17歳10カ月20日の最年少タイトル挑戦新記録を打ち立てたばかり。注目の「最年長VS最年少」の激突となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ