大阪人vs名古屋人「奴らはホンマつまらん」「奴らは図々しい」

 愛知県の大村秀章知事が新型コロナの感染拡大をめぐり、「東京、大阪は医療崩壊に陥った」と発言したことから、吉村洋文・大阪府知事とのバトルに発展した問題。2大都市のトップ同士がいがみあう前代未聞の騒動だったが、そもそも大阪人と名古屋人の“いがみ合い”は今に始まったことではない。

 実際に名古屋人に聞くと、大阪を“下”に見る声が多く聞こえてきた。例えば大阪の代名詞でもある「お笑い」について。

 「大阪の芸人はどこに行ってもコテコテの関西弁で話すもんだで、あれはいかんわ。名古屋出身の三遊亭圓丈師匠なんかは、名古屋で落語をする時は名古屋弁だが、東京では江戸弁でやる。大阪のお笑いは図々しいでいかんわ」(60代男性)

 食文化も同様だ。ひつまぶしや味噌煮込みうどんに代表される「なごやめし」はまだ歴史が浅いが、「その分、勢いが大阪とは違う」と名古屋市在住の50代飲食店店主は話す。

 『コメダ珈琲』を展開するコメダHD、『世界の山ちゃん』を展開するエスワイフード、『和食麺処サガミ』のサガミHDなど、近年は名古屋に本社を置く外食チェーンの躍進がめざましく、これらの企業を中心にした中部の外食主要10社の売り上げは過去5年、右肩上がりで成長を続けている。名古屋市出身のお天気キャスター・森田正光氏が語る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ