藤井聡太七段、王位戦挑戦者決定戦へ進出

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)は13日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組の最終5回戦で阿部健治郎七段(31)に勝ち、5戦全勝で白組優勝を果たした。藤井七段は23日、木村一基王位(46)への挑戦権を懸けて、紅組優勝の永瀬拓矢二冠(27)=叡王(えいおう)・王座=と対戦する。藤井七段は勝てば、第91期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦に次いで2つ目のタイトル挑戦となる。

 藤井七段は現在、棋聖戦五番勝負で渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に史上最年少のタイトル挑戦者として挑んでおり、8日に行われた第1局でタイトル戦初勝利を飾った。藤井七段が王位戦でも挑戦者になると、例年7~9月に行われる七番勝負とのダブルタイトル戦挑戦となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ