京フィル、観客迎え公演 3カ月ぶり再開

 京都フィルハーモニー室内合奏団が13日、3カ月ぶりの定期公演を京都市の京都コンサートホールで開いた。新型コロナウイルスの影響で公演の中止や延期が各地で相次いでいたが、日本オーケストラ連盟によると、緊急事態宣言解除後、観客を迎えての公演再開は全国の加盟37楽団で初めてという。

 公演では、サンサーンス「動物の謝肉祭」などを演奏。感染防止のため客席の間隔を空け、ホールの510席のうち100席を使用。観客にはマスク着用や手のアルコール消毒を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ