ヒューリック杯棋聖戦 注目の五番勝負第1局 藤井七段が先手

 将棋の渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に高校生棋士、藤井聡太七段(17)が挑戦するタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第1局が8日午前、東京・千駄ケ谷の将棋会館で始まった。定刻の午前9時になり、立会人の深浦康市九段(48)が対局開始を告げ、藤井七段の史上最年少となる17歳10カ月と20日でのタイトル挑戦が決まった。

 両対局者はこの日、藤井七段が午前8時前、渡辺棋聖は午前8時過ぎにそれぞれ同会館に到着。午前8時43分には紺のスーツ姿の藤井七段が、その3分後に和服姿の渡辺棋聖がそれぞれ対局室に入った。

 注目の振り駒は、と金が3枚出て、藤井七段の先手となった。

 対局が開始されると、藤井七段はルーチンとなっている“初手・お茶”(指す前に冷えたお茶を飲む)で、7六歩と角道を開けた。これに対し、渡辺棋聖は8四歩と飛車先の歩を突いた。

 藤井七段が初タイトルを獲得すれば、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を塗り替える。

 対局は正午から1時間の昼食休憩を経て、午後1時に再開される。以降は休憩はなく、夜には終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ